酔 楽 夢

筆文字オタク 酔っぱらい師匠の奮戦記
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << レジェンド復帰! | main | 筍 汁 >>

    イザカヤ大サーカス

    0
      十年来の悪友との 久し振りの呑み


      新潟駅で待ち合わせ、やって来たのはイザカヤ大サーカス







      47都道府県の ご当地居酒屋メニューが集うこの企画

      酒場好きな俺としては 外せないのだ






      悪友とは 約二年振りのさしのみ

      昼呑みには打ってつけの この会場で 乾杯だ









      先ずはお目当ての、青森県の「雲丹焼き」





      蛤の殻に てんこ盛りの雲丹(うに)は、間違いの無い旨さ

      のっけから酒が進んじまうぜ♪

      ( ̄ー ̄)




      隣の福島県ブースからは、香ばしい香りが漂う……





      「麗山高原豚の味噌焼き」は、所謂ほうば焼きだ

      豚の脂と甘めの味噌が絡み合い 旨い!

      (^q^)/~~~





      こういった催しは、相席に成るのは当たり前

      地元のサラリーマン二人と意気投合し、呑みは進む





      話を聞けば、三年間程 上越に赴任していた事が有るらしく、出てくるお店の名前は 殆んど顔見知りだった(笑)

      こういった面白い出会いが有るから、酒の席はヤメラレナイねぇ♪






      各々手分けしてツマミを獲得し、皆で分け合う






      串焼きも 串から外せば、数人で囲み 楽しめる




      ちょっと気になったのが、山梨県「信玄あわびのステーキ」





      一目見た瞬間、四人で「これって…トコブシだよね!?」と大絶賛(笑)


      確かに…あわびと言えば あわびなのだが……

      そもそも 山梨に海は無いのでは…?……



      しかし バターで炒められた一口サイズの「あわび!」は、なかなかの旨さ

      ツマミとしては味わい深い逸品だ  何と言っても「あわび」と言い切るところがスバラシイ(笑)





      秋田県「比内地鶏のつくね」






      「きりたんぽ鍋」をつまみつつ





      次に相席になったのは、大学生カップル

      細身で 一見頼り無さそうだが、志高い彼氏と 柳原加奈子似の可愛い、しっかり者の彼女の組み合わせは、将来 絶対に尻に敷かれるであろう(笑)


      ギュッと結ばれた手に、初々しさを感じつつ…幸せに成って欲しいと願うばかりだ






      東京都のブースには、やはりホッピーの旗が揺れる





      黒ホッピーの相棒は、勿論「煮込み」だ






      どこへ行っても「煮込みバカ」です…(-_-;)





      岐阜県のブースに来れば、餃子男と遭遇





      飛騨牛を求めやって来たのだが、彼の生真面目で不器用な人柄に心打たれ…「ジビエ餃子」を購入






      鹿肉を使ったジビエ餃子は、どこか野性味の溢れる味





      山口県のブースには 可愛い看板娘が…





      麗しき若い乙女の笑顔に一目惚れし…「長州 瓦そば」を 即買い……(--;)






      茶そばを瓦でパリッと焼き、つゆで食べる「瓦そば」を 鉄板で再現した一品

      居酒屋メニューだけで無く、B級グルメとしてもなかなか面白いだろう





      気になるメニューはまだまだ盛り沢山だったが、各県2〜3品用意してあり、47ブース全てを制覇するのは流石に無理だ



      最後に 締めの一杯を求め、香川県「讃岐うどん」のブースに立ち寄れば 長蛇の列……長崎県「皿うどん」も長蛇の列……(-_-)
      並ぶのが面倒が故にどちらもパス


      そして 我が新潟県の出品は「新潟県産コシヒカリとイタリア産トリュフのTKG」

      しかし ご当地居酒屋色を感じず、食べる気にならなかった





      昼酒酔っ払い行脚が続く中、辿り着いたのは 万代バスターミナル内の名店






      ( ̄ー ̄)v




      友人は学生時代の思い出が詰まった かけそば(半盛り)







      俺は 新潟市在住時のサラメシであった、名物のカレー(ミニ)





      ルーの色が黄色い、俗に言う「婆ちゃんカレー」である

      だが これがなかなか旨いんだねぇ♪








      久し振りに楽しかったぜ Jun



      今度は 学芸会の様だったあの頃のメンバーで集まろう



      その時は「あぶないジョゼ」は君に任せた!(笑)













      (^O^)/










      | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        イザカヤ大サーカス、気になったけど休み取れなくて行けなかったんだよねー。

        …んで?メロンパンアイスは食べなかったの?
        hbk | 2016/06/02 8:15 AM
        俺がわざわざ並ぶ訳無いじゃないですか(笑)

        師匠 | 2016/06/02 11:46 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sirocco.jugem.jp/trackback/712
        この記事に対するトラックバック